70%オフ!! 計算例付き Go Toトラベルキャンペーンとマリオットの組合せが超おトク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Go Toトラベルキャンペーンをマリオットの特典と組み合わせると衝撃的なお得さになります

Go Toトラベルキャンペーンとマリオットの特典を組み合わせると約70%の割引率です

  • Go Toトラベルキャンペーンが50%割引
  • マリオット宿泊ポイントが基本で約10 7.3%ポイント付与 (*宿泊ポイントを詳細な試算に基づいて修正)
    • ゴールドは1.25倍の12.5 9.1%付与*
    • プラチナはそれの1.5倍の15 11%付与*
    • チタン、アンバサダーは1.75倍の17.5 12.7%付与*
  • SPGアメックスカードの支払いで6%ポイント付与
  • 予約時のポイントサイト経由で4%

トータルすると67.3%から72.7%の還元又はポイントバック

高級ホテルのマリオットに実質約3割のお値段で泊まれます

スポンサーリンク

詳しい割引の内容を次に説明します

本記事に記載の内容は正確性を保証するものではありません。各旅行への適用条件、割引については、各自で最新、公式の情報を取得し、旅行に行くかどうかはご自身の責任で判断、決定ください。

Go Toトラベルキャンペーンが50%割引

これについてはポイントは次の通りです。

  • 7/22以降に開始する旅行が対象(当面、東京発着の旅行、東京在住者等は対象外)
  • 対象の事業者は今後発表予定
  • 旅行代理店・予約サイト経由、または、宿泊施設に直接予約するケースも対象
  • 旅行代金の35%の割引と15%の地域共通クーポンをもらえる
  • 既に予約している分は旅行後の申請で割引分を還付
  • 上限額は1人1泊あたり2万円(日帰り旅行は上限額が1万円)
  • 連泊制限や利用回数の制限なし

つまり、Go Toトラベルキャンペーンの対象となる旅行は、旅行代金が35%還元され、15%(1000円未満は四捨五入)が旅行先で使えるクーポンとしてもらえます

スポンサーリンク

旅行代理店、予約サイト、マリオットのHPなどがGo Toキャンペーンに対応するまで時間がかかるので、対応前に予約した場合でも旅行後に申請することで35%の割引分の還付を受けることができます。ただし、この場合は、旅行先で使うクーポンはもらえません。

なので、現時点でも、マリオットのHPで直接予約して、旅行後に申請することで割引分の35%の還付を受けることができます。(注:対象業者がまだ発表されていないため、マリオット系列のホテルが対象に含まれるかどうかは未定)

マリオット宿泊ポイントが基本で約10%ポイント付与

スポンサーリンク

マリオットボンヴォイの会員はマリオット系列のホテルに宿泊するとマリオットボンヴォイのポイントが貯まります。

ポイント数の算出方法が少し複雑で、考慮点が3つあります。

①支払額の全てがポイント加算の対象というわけではない

端的には、サービス料、税金、リゾートフィーなどは対象外です。日本国内で宿泊する場合、サービス料が10%超、税金が10%発生するので、支払総額のだいたい8割弱がポイントの加算対象金額、というイメージです。

https://www.marriott.co.jp/loyalty/terms/default.miより

②加算ポイント数は1米ドルあたり10ポイント

そして、加算ポイントの計算方法は日本円ベースではなく、米ドルベースになります。支払った日本円をマリオット内部の為替レートで米ドル建に換算することになります。正確な米ドル建の金額はわかりませんが、今であればおおよそ110円前後でレートを見ておけばよいのではないでしょうか。

③マリオットボンヴォイのステータスによって宿泊ポイントが25%から75%アップ

そして、マリオットのステータスがゴールド以上になると、宿泊ポイントがアップします。具体的には、

になります

これら3つを踏まえると、大体の宿泊ポイント数は次の式で算出できます

宿泊ポイント数 = 宿泊費(日本円)

          ×0.8(2割はサービス料・税金で加算対象外)

          ÷110(宿泊費を米ドル建に計算)

          ×10(1米ドルあたり10ポイント付与)

          ×1〜1.75(会員ステータスによる加算倍率)

つまり、支払額の7.3%〜12.7%がマリオットボンボイのポイントとして還元されることになります。

SPGアメックスカードの支払いで6%ポイント付与

SPGアメックスカードでマリオット系列のホテルで支払をすると、100円につきMarriott Bonvoyポイントが6ポイント付与されます。

https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/starwood-preferred-guest-card/より

このポイントを貯めることで、マリオット系列のホテルにポイントで泊まることができますし、実はANA、JALを始め世界中の主要な航空会社のマイルにお得なレートで交換することもできます。

予約時のポイントサイト経由で4%

スポンサーリンク

マリオット系列のホテルを予約するときに、ポイントサイトを経由することで利用額の一定割合をポイントサイトのポイントで還元を受けることができます。

現在のオススメは、モッピーを経由して4%の還元を得られます。モッピーのポイントは今話題のdポイントに100%で交換することができます。また、モッピーポイントは、ANAには75%、日本航空には50%でマイルに交換することができます。

貯めたモッピーポイントをANAマイルに交換する方法は次の記事を見てください。

計算例:Go Toトラベルキャンペーンとマリオット特典の組合せの割引金額

それでは、実際にどういう割引を受けられるかを試算してみましょう

例えば、マリオット系列の最高級ホテルであるリッツカールトン東京で、お盆のシーズンの予約プランを見ると、宿泊代62,100円、税金・手数料17,540円の合計79,640円のプランが出ています。

マリオット公式HPの予約プランより

この予約プランに2人で宿泊するとして割引を適用すると、

  • Go Toトラベルキャンペーン
    • 割引(35%):27,874円
    • 地域クーポン(15%):12,000円(79,640円の15%の11,946円を四捨五入して12,000円)
      • (地域クーポンは9月以降開始なので8月は実際は付与対象外です)
  • マリオット宿泊ポイント(マリオットボンヴォイ)
    • 通常会員:5,645ポイント
    • ゴールド:7,056ポイント
    • プラチナ:8,467ポイント
    • チタン・アンバサダー:9,878ポイント
    • 税金・サービス料を除いた62,100円を対象に、1ドル=110円で計算して、564.5ドルと試算
  • SPGアメックスでの支払
    • 4,778マリオットボンヴォイポイント(支払額の6%)
  • 予約時のポイントサイト経由
    • 3,185ポイント(ポイントサイトのポイント)(支払額の4%)

となります

まとめると、現金割引が27,874円、地域クーポンが12,000円分、マリオットボンヴォイポイント還元が10,423〜15,523ポイント、ポイントサイトのポイントが3,185ポイントになります。

各ポイントを1ポイント=1円とすると、支払代金79,640円に対して、割引額がなんと53,482円〜58,582円と、実に67.1%〜73.5%の割引率になり、実質26,158円〜21,058円であのリッツカールトンに泊まれます

スポンサーリンク

注意点はGo Toトラベルキャンペーンの還元の上限額

Go Toキャンペーンの還元は1人1泊あたり2万円か、宿泊料金の50%のどちらか低い方が上限になります。つまり、1人で1泊で4万円を超える場合、還元は2万円が上限となり還元率は50%から下がっていきます。リッツカールトン東京などの高級ホテルは1人で50%の割引率を獲得するのは難しそうです。

ただし、夫婦やカップルで宿泊すると2人なので、還元額は4万円が上限になります。つまり、2人で宿泊すると宿泊代が1泊8万円まで50%の還元を受けられます。マリオットはルームチャージなので、せっかくなら2名で宿泊するのがお得ですね。この機会に、スイートルームなど、部屋をアップグレードするのもよさそうです。

スポンサーリンク

子連れで泊まるともっとお得

スポンサーリンク

7/20観光庁からQ&Aの更新版が公表されました。

それによると、子供料金が発生しない場合も含めて子供や幼児も1名とカウントするとのことです。つまり、子供1人と両親で宿泊する場合、50%の割引を受けられる上限料金は12万円になり、子供2人と両親の場合は上限金額が16万円になります。家族づれ、子供連れの旅行にとってはお得ですね。

ちなみに、マリオット系のホテルの一部は、期間限定でバウチャーを割引で販売しています。これらと組み合わせることでさらにお得にマリオット系列のホテルに宿泊することができるので、興味がある方は次の記事を読んでください。

本記事に記載の内容は正確性を保証するものではありません。各旅行への適用条件、割引については、各自で最新、公式の情報を取得し、旅行に行くかどうかはご自身の責任で判断、決定ください。

コメント

  1. […] […]

スポンサーリンク
スポンサーリンク