マイナポイントの申請方法と子供の申込方法を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. マイナポイントとは総務省マイナンバーカードを使ったポイント還元を受けることです
  2. マイナポイントの還元は最大5000円分です
  3. マイナポイントの対象者はマイナンバーカードを発行して、マイキーを発行している人
  4. マイナンバーカードのの申請方法をステップバイステップで解説します
    1. マイナンバーカードの交付申請方法
    2. マイナンバーカードの受け取り
  5. マイナポイントの対象期間はいつから? → 2020年9月から2021年3月までの7カ月間
  6. マイナポイントの対象になるキャッシュレス支払いは何? → コード決済と電子マネーが中心です
  7. 【追記】統一QRコード「JPQR」の導入
  8. 6/13時点 マイナポイント登録サービス一覧が公表されました
    1. (参考)4/28時点 マイナポイントの対象事業者と決済サービス
    2. 参考情報として、2月19日時点で発表された決済事業者
    3. FamiPayをマイナポイントで使う場合の留意点
    4. メルペイをマイナポイントで使う場合の留意点
    5. LINE Payをマイナポイントで使う場合の留意点
    6. 楽天ペイをマイナポイントで使う場合の留意点
    7. d払いをマイナポイントで使う場合の留意点
    8. au PAYをマイナポイントで使う場合の留意点
    9. PayPayをマイナポイントで使う場合の留意点
    10. Suicaをマイナポイントで使う場合の留意点
    11. WAONをマイナポイントで使う場合の留意点
    12. nanacoをマイナポイントで使う場合の留意点
    13. 楽天Edyをマイナポイントで使う場合の留意点
  9. マイナポイントのアプリ → Android、iosで出ています
  10. マイナポイントの注意点① 最初に選んだ支払い方法は変えられない
  11. マイナポイントの注意点② 未成年、子供も対象だがやや複雑
    1. 【追記】未成年が使えるキャッシュレス方法
      1. 未成年が利用可能な支払い方法
      2. 15歳以上が自分で利用可能な支払い方法
  12. 注意点③ 予算上限に達したら予約できないかも!?
  13. マイナポイントのまとめ

マイナポイントとは総務省マイナンバーカードを使ったポイント還元を受けることです

スポンサーリンク

マイナポイントとは、マイナンバーカードを使ったポイント還元です

マイナンバーカード、マイナンバーは総務省の所管です

マイナンバーカードは写真がついたカードで、各自治体に申請し、発行してもらう必要があります

マイナポイントの還元は最大5000円分です

スポンサーリンク

マイナポイントの還元額は、期間中で最大5000円です

還元率は25%なので20,000円が利用額の上限となります

家族でしっかりと還元を受ければ家計に助かりますね

マイナポイントの対象者はマイナンバーカードを発行して、マイキーを発行している人

スポンサーリンク

マイナポイントの対象者はマイナンバーカードを発行していること、かつマイキーを発行している事が条件になります

マイナンバーカードは各自治体に申請する必要があり、実際の発行までには最低でも1ヶ月かかるようです

今後、マイナポイントの開始時期が近づくにつれてマイナンバーカードの発行により時間がかかるようになるでしょうから、早めにマイナンバーカードを申請しておいたほうがよいですね

マイナンバーカードのの申請方法をステップバイステップで解説します

マイナンバーカードの交付申請方法

マイナンバーカードの交付を申請するにはいくつか方法がありますが、早いのはマイナンバー通知カードについているQRコードをスマホで読み取って申請する方法ですね。

マイナンバーカードの申請方法
  • ステップ1
    「個人番号カード交付申請書」のQRコードを読み取って申請ページにアクセスする

    まず、マイナンバーカードを申請するためには、「個人番号カード交付申請書」を手元に用意します。

    どこで手に入るかというと、マイナンバー通知カードが郵送されてきた際に一緒に付いています。

    とはいっても、我が家もマイナンバー通知カードが送られてきたのは数年前ですし、どこに行ったかわからない、、、という人も多いと思います。

    そんな時は、住んでいる自治体で個人番号カード交付申請書を再発行することができます。詳しくは、こちらのマイナンバーカード総合サイトにあります。

  • ステップ2
    移動先の個人番号カード交付申請のウェブサイトで利用規約を確認して同意します

  • ステップ3
    メールアドレスを登録します

  • ステップ4
    登録したメールアドレスに申請情報を入力するためのURLが届きます
  • ステップ5
    申請内容を登録する画面で顔写真をアップロードします

  • ステップ6
    追加の申請情報を入力します

    電子証明書発行希望有無、点字有無、生年月日を入力します

  • ステップ7
    申請情報の登録が完了したことを伝えるメールが届きます

マイナンバーカードの受け取り

マイナンバーカードを受け取る方法
  • ステップ1
    マイナンバーカードの交付通知書がハガキで送られてきます

  • ステップ2
    市区町村の役所で受け取ります

マイナポイントの対象期間はいつから? → 2020年9月から2021年3月までの7カ月間

スポンサーリンク

マイナポイントの申し込みは2020年7月から開始される予定です

マイナポイントの対象期間は2020年9月から2021年3月までの7カ月間です

この期間中に、マイナポイントと紐づけたキャッシュレス支払い方法で支払いを行うと、25%がマイナポイントとして還元されます

マイナポイントの対象になるキャッシュレス支払いは何? → コード決済と電子マネーが中心です

2/19に発表されたマイナポイントの対象になる支払い方法を見ると、次の支払方法があがっています。

マイナポイントの対象になる支払方法
スポンサーリンク
  • コード決済
    • FamiPay
    • メルペイ
    • LINE Pay
    • 楽天ペイ
    • d払い
    • PayPay
    • au PAY
  • 電子マネー
    • Suica
    • WAON
    • nanaco
    • 楽天Edy
    • J-Coin Pay

などです

2/19に発表された時点では、コード決済と電子マネーが中心になっています。

コード決済は、携帯電話キャリアのd払い、PayPay、au PAYがそろって入ってきていますね。他にもメルペイ、楽天ペイ、LINE Payといったネット勢が参加しています。

電子マネーでは、Suica、WAON、nanaco、楽天Edyと一通りの支払方法が入っています。一方で、PASMOや、Suica以外のJR系交通マネーが入っていません。

気になるのはクレジットカードが入っていませんね。クレジットカードだと未成年の利用が難しいので見送ったのでしょうか、それとも、他社の動きを睨んで態度を決めかねているのでしょうか。

他にも、銀行や一部のクレジットカードはデビットカードで参画する可能性もあります。これであれば年齢制限を下げることが可能になるはずです。

何れにせよ、受付の最終締め切りは3月末のため、まだ追加になる可能性があります。

【追記】統一QRコード「JPQR」の導入

2020年4月1日には、統一QRコードのJPQRが発表されました。

現在、複数存在するQRコードを使った決済を統一して一つのQRコードで使えるようにする、というものです。

https://jpqr-start.jp/consumer/より

参加予定のQR決済は、auPay、d払い、FamiPay、PayPay、メルペイ、楽天Pay、LinePay、ゆうちょPay、といったメインどころが顔を揃えており、JPQR一つで事実上ほとんどのQR決済に対応できそうです。

一方で、中華系のQRコードである、アリペイ”Alipay”、やウィーチャットペイ”WeChat Pay”が入っておらず(入れていない?)、オールジャパンを形作る意図が透けて見えそうです。

https://jpqr-start.jp/より

6/13時点 マイナポイント登録サービス一覧が公表されました

6月13日に登録サービスが改めて公表されました。

全国区の登録サービスは4月末の発表から大きな追加はないようです。

こうやってみると、全国には色々な決済サービスがありますね。日本は広い!

(参考)4/28時点 マイナポイントの対象事業者と決済サービス

*参考情報として、4/28時点で公表されていた決済サービスの一覧は下記の通りです。

4月28日にキャッシュレス決済サービスの対象事業者が追加されました。前回の2月発表時点では21社だったのが、今回は一気に72社の事業者に増えています。

今回は、クレジットカード会社が一気に増えていることが目立ちます。三井住友カード、楽天カード、イオンカードが追加されています。

また、最近話題のKyashも入っていますね。

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/about/payment_service/より

次の一覧が決済事業者名、決済サービス名、付与ポイント名になります。

2月時点は決済事業者番号が飛んでいたのがあったのですが、今回埋まっているので、当時申請はしていたものの、承認まではおりていなかったことが推測されます。

決済事業者番号決済事業者名決済サービス名付与ポイント名
M0001株式会社ファミマデジタルワンFamiPayFamiPay
M0002株式会社メルペイメルペイポイント
M0003東城町商工会ほろかマネーサービスほろかポイント
M0004西日本旅客鉄道株式会社ICOCAICOCAポイント
M0005株式会社オリエントコーポレーションオリコカードオリコポイント
M0007株式会社エポスカードエポスカードエポスポイント
M0009東日本旅客鉄道株式会社SuicaJRE POINT
M0011KDDI株式会社au WALLET プリペイドカード
au PAY
au WALLET 残高

au WALLET 残高
M0012株式会社ゆうちょ銀行ゆうちょPayゆうちょPayポイント(仮称)
M0013福岡市はやかけんはやかけんポイント
M0014株式会社NTTドコモd払いdポイント
M0015株式会社ゆめカードゆめか
あまみゆたか
しんばしゆたか
コレEマネー
ゆめかチャージ
あまみゆたかチャージ
しんばしゆたかチャージ
コレEマネーチャージ
M0017株式会社セイコーマートペコママネーペコママネー
M0021株式会社UCSmajicamajicaポイント
M0023みずほ銀行J-Coin PayJ-Coin Pay
M0028エス・ビー・システムズ株式会社CoGCa(コジカ)CoGCa残高
M0029株式会社りそな銀行りそなウォレットサービス
提携ウォレットサービス
りそなマイナポイント(仮称)
提携ウォレットポイント(仮称)
M0031生活協同組合コープみらいほぺたんカードほぺたんカード・プリペイド残高
M0032いばらきコープ生活協同組合ほぺたんカードほぺたんカード・プリペイド残高
M0033とちぎコープ生活協同組合ほぺたんカードほぺたんカード・プリペイド残高
M0034生活協同組合コープぐんまほぺたんカードほぺたんカード・プリペイド残高
M0037名古屋鉄道株式会社manacaミュースターポイント
M0038三井住友カード株式会社三井住友カードワールドプレゼント
M0040株式会社KyashKyashKyashポイント
M0041北海道旅客鉄道株式会社KitacaKitacaチャージ
M0042株式会社名古屋交通開発機構マナカマナカチャージ
M0043PayPay株式会社PayPayPayPayボーナス
M0044株式会社関西みらい銀行提携ウォレットサービス
りそなウォレットサービス
提携ウォレットポイント(仮称)
りそなマイナポイント(仮称)
M0045セブン・カードサービスnanaconanacoポイント
M0046LINE Pay株式会社LINE PayLINEポイント
M0048イオンリテール株式会社WAONWAON
M0049楽天ペイメント株式会社楽天ペイ(アプリ決済)楽天ポイント
M0050KDDIフィナンシャルサービス株式会社au WALLET クレジットカードau WALLET 残高
M0051株式会社大賀薬局BibicaBibica
M0052株式会社埼玉りそな銀行りそなウォレットサービス
提携ウォレットサービス
りそなマイナポイント(仮称)
提携ウォレットポイント(仮称)
M0053株式会社サンリブmasacamasacaマネー
M0056株式会社カンムバンドルカードバンドルカード
M0060肥銀カード株式会社くまモンのICカードくまモンのICカードポイント
M0065株式会社ペルソナlittalittaプレミアム
M0066株式会社野嵩商会UNICARDマイナプレミアム
M0069楽天カード株式会社楽天カード楽天ポイント
M0071株式会社コムズsmile moneysmile money
M0076楽天Edy株式会社楽天EdyEdy
M0077一般社団法人なぎポストナギフトマネーナギフトポイント
M0081株式会社横浜銀行はまPay
横浜バンクカード
はまPayポイント
ワールドプレゼント
M0086紅屋商事株式会社ベニカマネーベニカマネー
M0087株式会社大津屋オレボポイントカードオレボポイント
M0088東海旅客鉄道株式会社TOICATOICA
M0090株式会社万惣万惣カード
アルゾカード
万惣カードチャージ
万惣カードチャージ
M0095株式会社ニモカnimocanimocaポイント
M0104JR九州SUGOCAJR九州キューポ
M0122たんば商業協同組合たんばコインたんばコイン
M0123株式会社ジャックスnicopinicopiマネー
M0124株式会社パスモPASMOPASMOポイント
M0126株式会社三重銀カード三重銀カードワールドプレゼント
M0128株式会社青森銀行青森銀行VISAカード<aomo>ワールドプレゼント
M0129株式会社京葉銀カード京葉銀VISAカードワールドプレゼント
M0131株式会社中部しんきんカード中部しんきんカードワールドプレゼント
M0132東京クレジットサービス東京カードワールドプレゼント
M0134筑波銀行つくばバンクカードワールドプレゼント
M0136りそなカード株式会社りそなカードワールドプレゼント
M0138株式会社いわぎんクレジットサービスいわぎんVISAカードワールドプレゼント
M0140道銀カード株式会社道銀VISAカードワールドプレゼント
M0141むさしのカード株式会社むさしのVISAカードワールドプレゼント
M0142九州カード株式会社九州カードワールドプレゼント
M0143株式会社東邦クレジットサービス東邦VISAカードワールドプレゼント
M0144スルガカード株式会社スルガカードワールドプレゼント
M0145株式会社 フジ・カードサービスエフカマネーエフカマネーチャージ
M0150株式会社しんきんカードしんきんカードワールドプレゼント
M0151株式会社秋田銀行OnlyOneVISAカードワールドプレゼント
M0153三井住友トラスト・カード株式会社三井住友トラストカードワールドプレゼント
M0154静銀セゾンカード株式会社えんてつカード〈ポイント&プリペイドカード〉EPiCA
M0157株式会社丸久マルカマルカマネー
M0159東急カード株式会社TOKYU CARD東急ポイント
M0161株式会社みなとカードみなとカードワールドプレゼント
M0162株式会社北陸カード北陸Visaカード/プラチナカードワールドプレゼント
M0164株式会社荘内銀行荘銀ブライトワンVisaワールドプレゼント
M0165株式会社 北都銀行北都ブライトワンワールドプレゼント
M0171株式会社バローホールディングスLu Vit電子マネーLu Vit電子マネー
M0172株式会社鹿児島カード鹿児島カードワールドプレゼント
M0173株式会社イオン銀行イオンカード
イオン銀行CASH+DEBITカード
WAON
WAON
M0177株式会社やまぎんカードやまぎんカードワールドプレゼント
M0181株式会社秋田国際カードあきぎんVISAカードワールドプレゼント
M0184株式会社沖縄銀行おきぎんVISAカードワールドプレゼント
M0185株式会社七十七カード七十七カード/プラチナカードワールドプレゼント
M0190株式会社九州しんきんカード九州しんきんVisaカードワールドプレゼント
M0191株式会社伊予銀行IYOCA BC
いよぎんBANKCARD
ワールドプレゼント
ワールドプレゼント
M0202株式会社サンキュードラッグマリカカードマリカポイント
M0203株式会社クリエイトエス・ディーおさいふHippo(ヒッポ)おさいふHippo(ヒッポ)
M0204株式会社新生堂薬局ハッピーカードハッピーポイント
M0210株式会社 筑邦銀行ちくぎんマルチナVISAカードワールドプレゼント
M0211株式会社ライフフィナンシャルサービスLaCuCaLaCuCaマネー

参考情報として、2月19日時点で発表された決済事業者

以下は2月時点で発表があった決済事業者名ですが備忘のために残しておきたいと思います。

2/19時点の登録キャッシュレス決済サービスです

この時点で決まっているのは次の決済サービス・事業者になります

決済事業者番号決済事業者名決済サービス名付与ポイント名
M0001株式会社ファミマデジタルワンFamiPayFamiPay
M0002株式会社メルペイメルペイポイント
M0003東城町商工会ほろかマネーサービスほろかポイント
M0009東日本旅客鉄道株式会社SuicaJRE POINT
M0011KDDI株式会社au PAYau PAY 残高
M0014株式会社NTTドコモd払いdポイント
M0015株式会社ゆめカード電子マネーゆめかゆめかチャージ
M0023みずほ銀行J-Coin PayJ-Coin Pay
M0028エス・ビー・システムズ株式会社CoGCa(コジカ)CoGCa残高
M0029株式会社りそな銀行りそなウォレットサービスりそなマイナポイント(仮称)
M0043PayPay株式会社PayPayPayPayボーナス
M0044株式会社関西みらい銀行りそなウォレットサービスりそなマイナポイント(仮称)
M0045セブン・カードサービスnanaconanacoポイント
M0046LINE Pay株式会社LINE PayLINEポイント
M0048イオンリテール株式会社WAONWAON
M0049楽天ペイメント株式会社楽天ペイ(アプリ決済)楽天ポイント
M0051株式会社大賀薬局BibicaBibica
M0052株式会社埼玉りそな銀行りそなウォレットサービスりそなマイナポイント(仮称)
M0060肥銀カード株式会社くまモンのICカードくまモンのICカードポイント
M0076楽天Edy株式会社楽天EdyEdy
M0077一般社団法人なぎポストナギフトマネーナギフトポイント
M0082福田屋百貨店FKDハイカード電子マネーサービス福田屋百貨店ポイント
M0087株式会社大津屋オレボポイントカードオレボポイント

3月末まで受け付けているので、これから追加される可能性もありますね。

気になる支払方法をいくつか見てみましょう。

FamiPayをマイナポイントで使う場合の留意点

FamiPayをマイナポイントで使う場合の留意点は次の通りです

FamiPayのマイナポイントの特徴
スポンサーリンク
  • マイナポイント対象の支払方法はFamiPayです
  • マイナポイントの還元分はFamiPayで付与されるとなっています
  • しかしながら、FamiPayではFamiPayというポイントはありません。その代わり、dポイント、楽天ポイント、Tポイントのいずれかに貯めることができるようになっています。
  • はたして、マイナポイントの付与ポイントも同じような仕組みになり、dポイント、楽天ポイント、Tポイントの好きなポイントに貯めることができるのか、それとも別の方法で貯まるのかは詳細を待つ必要がありそうです。
  • dポイント、楽天ポイント、Tポイントを選べるのであれば還元されたポイントの使い道が広がります。
  • マイナポイントは、紐づける支払方法を一つに決める必要があります。もし仮にFamiPayで貯まるポイントを好きなポイントに選べるとしたら、使い勝手がよい支払方法になるかもしれません。
  • 【未成年の利用】ファミペイは未成年も親権者などの同意があれば利用可能のようです。
https://www.family.co.jp/content/dam/family/famipay/kiyaku-files/200310_famipay-kiyaku.pdf
第4条第5項より

メルペイをマイナポイントで使う場合の留意点

メルペイをマイナポイントで使う場合の留意点は次の通りです

メルペイのマイナポイントの特徴
スポンサーリンク
  • マイナポイント対象の支払方法はメルペイです
  • マイナポイントの還元分はメルペイのポイントで付与されるとなっています
  • メルペイのポイントとはメルカリでも使えるポイントのことを意味すると考えられます。
  • そうすると、付与されたポイントの使い道は、メルペイでの支払に充てるか、メルカリでの購入で使用することになりそうです。メルカリを普段から利用する人にもオススメの方法かもしれません。

LINE Payをマイナポイントで使う場合の留意点

LINE Payをマイナポイントで使う場合の留意点は次の通りです

LINE Payのマイナポイントの特徴
スポンサーリンク
  • マイナポイント対象の支払方法はLINE Payです
  • マイナポイントの還元分はLINEポイントで付与されるとなっています
  • LINEポイントはLINE Payでの支払に使うことができます。他にも、LINE上でスタンプを購入することにも使えます。
  • LINEのヘビーユーザーやLINE Payを普段から使っている人はおすすめですね。
  • 【未成年の利用】LINEペイは未成年も親権者などの同意があれば利用可能のようです。
https://terms2.line.me/linepay_JP_Cash_new_TermsofUse?lang=ja
第1条第2項より
https://terms2.line.me/linepay_JP_Money_new_TermsofUse?lang=ja
第1条第2項より

楽天ペイをマイナポイントで使う場合の留意点

楽天Payをマイナポイントで使う場合の留意点は次の通りです

楽天ペイのマイナポイントの特徴
スポンサーリンク
  • マイナポイント対象の支払方法は楽天ペイ(アプリ決済)です
  • マイナポイントの還元分は楽天ポイントで付与されるとなっています
  • 還元される楽天ポイントが通常ポイントなのか、期間限定ポイントなのかが気になりますね。期間限定ポイントの場合、使い道が限定的になります。
  • 通常ポイントの場合は、楽天市場での支払に充てることはもちろん、例えば、楽天証券で投資信託を購入するために使うこともできます。
  • 期間限定ポイントの場合、楽天市場、楽天フリマなどで支払に使うことができます。
  • 楽天経済圏で生きている人にとって最適な選択肢でしょう。

d払いをマイナポイントで使う場合の留意点

d払いをマイナポイントで使う場合の留意点は次の通りです

d払いのマイナポイントの特徴
スポンサーリンク
  • マイナポイント対象の支払方法はd払いです。
  • マイナポイントの還元分はdポイントで付与されるとなっています。
  • dポイントも通常ポイントと期間限定ポイントがあります。還元されるdポイントが通常ポイントなのか、期間限定ポイントなのかは重要な点ですね。
  • 還元されたdポイントは、d払いでの支払に充てることができます。
  • 敢えてd払いを選ぶことが有利な条件は、、、あまり思いつかないですね。よほどドコモファンとか?
  • 【未成年の利用】d払いは未成年も親権者などの同意があれば利用可能のようです。
https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/faq/より

au PAYをマイナポイントで使う場合の留意点

au PAYをマイナポイントで使う場合の留意点は次の通りです

au PAYのマイナポイントの特徴
スポンサーリンク
  • マイナポイント対象の支払方法はau PAYです。
  • マイナポイントの還元分はau PAY残高で付与されるとなっています。
  • au PAY残高で還元ということは、還元分の使い道はau PAYでの支払に限定されますね。よく言えばシンプルな還元方法ですが、ポイントで還元することで他のサービスに利用する余地がある他の支払方法と比べると物足りない場合もあるかもしれません。
  • au PAYのポイントであるau WALLETポイントは2020年5月以降にPontaポイントになるため、その移行への影響を避けたいのかもしれません。Pontaポイントで還元されれば、JALマイルに交換することもできるのですが・・・。
  • d払いと同様に、敢えてau PAY払いを選ぶことが有利な条件は、、、あまり思いつかないですね。
  • 【未成年の利用】auペイは未成年も親権者などの同意があれば利用可能のようです。
https://wallet.auone.jp/contents/sp/terms/walletcard/index.html
第3条第4項より

PayPayをマイナポイントで使う場合の留意点

PayPay、ペイペイ、をマイナポイントで使う場合の留意点は次の通りです

PayPayのマイナポイントの特徴
スポンサーリンク
  • マイナポイント対象の支払方法はPayPayです。
  • マイナポイントの還元分はPayPayボーナスで付与されるとなっています。
  • PayPayボーナスで還元ということは、還元分の使い道はPayPayでの支払に限定されますね。よく言えばシンプルな還元方法ですが、ポイントで還元することで他のサービスに利用する余地がある他の支払方法と比べると物足りない場合もあるかもしれません。
  • d払い、au PAYと同様に、敢えてPayPayを選ぶことが有利な条件は、、、あまり思いつかないですね。
  • 【未成年の利用】ペイペイは未成年も親権者などの同意があれば利用可能のようです。
https://about.paypay.ne.jp/docs/terms/paypay-consumer-terms/
第1条第2項より

Suicaをマイナポイントで使う場合の留意点

Suicaをマイナポイントで使う場合の留意点は次の通りです

Suicaのマイナポイントの特徴
スポンサーリンク
  • マイナポイント対象の支払方法はSuicaです。
  • マイナポイントの還元分はJRE POINTで付与されるとなっています。
  • JREポイントで還元ということは、還元分の使い道はスイカにチャージして支払に使う、または、Suicaグリーン券に交換が可能かもしれません
  • JR東日本をよく使う人、特に、グリーン車を使う機会が多い人にとっては魅力的な支払方法ですね。

WAONをマイナポイントで使う場合の留意点

ワオンをマイナポイントで使う場合の留意点は次の通りです

WAONのマイナポイントの特徴
スポンサーリンク
  • マイナポイント対象の支払方法はWAONです。
  • マイナポイントの還元分はWAONで付与されるとなっています。WAONポイントではありませんでしたね。
  • WAONで還元ということは、還元分の使い道はWAONでの支払に限定されますね。よく言えばシンプルな還元方法ですが、ポイントで還元することで他のサービスに利用する余地がある他の支払方法と比べると物足りない場合もあるかもしれません。
  • 携帯キャリアの支払方法と同様に、敢えてWAONを選ぶことが有利な条件は、、、あまり思いつかないですね。

nanacoをマイナポイントで使う場合の留意点

nanacoをマイナポイントで使う場合の留意点は次の通りです

nanacoのマイナポイントの特徴
スポンサーリンク
  • マイナポイント対象の支払方法はnanacoです。
  • マイナポイントの還元分はnanacoポイントで付与されるとなっています。WAONとは還元方法が分かれましたね。
  • nanacoポイントで還元ということは、還元分の使い道はnanacoポイントをnanacoにチャージして支払に使用するか、nanacoポイントからANAマイル、ANA SKYコインに交換することができそうです。
  • nanacoポイントの交換に制限がつかなければ、ANAマイラーの人にとっては、魅力的な支払方法になりそうです。
  • 【未成年の利用】ナナコは、15歳未満の場合は親権者の同意があれば利用可能です。
https://www.nanaco-net.jp/entry/nyukai_shop.htmlより

楽天Edyをマイナポイントで使う場合の留意点

楽天Edyをマイナポイントで使う場合の留意点は次の通りです

楽天Edyのマイナポイントの特徴
スポンサーリンク
  • マイナポイント対象の支払方法は楽天Edyです。
  • マイナポイントの還元分はEdyで付与されるとなっています。おそらく誤表記で楽天Edyの意味だと思われます。
  • 楽天Edyで還元ということは、還元分の使い道は楽天Edyでの支払に限定されますね。よく言えばシンプルな還元方法ですが、ポイントで還元することで他のサービスに利用する余地がある他の支払方法と比べると物足りない場合もあるかもしれません。
  • 携帯キャリアの支払方法と同様に、敢えて楽天Edyを選ぶことが有利な条件は、、、あまり思いつかないですね。
  • 【未成年の利用】楽天エディは未成年も親権者などの同意があれば利用可能のようです。
https://edy.rakuten.co.jp/terms/pdf/registration.pdf
第5条第2項より

マイナポイントのアプリ → Android、iosで出ています

マイナポイントの利用について現時点では、

Google Android携帯版では「マイナポイント」という対応アプリが出ています

iPhone版では「マイナポータルAP」というアプリが出ています

マイナポイントの注意点① 最初に選んだ支払い方法は変えられない

スポンサーリンク

マイナポイントを受けるためには、マイナポイントを受けるための支払い方法を最初に指定する必要があります。この支払い方法はいちど決めた後は変えることができません。そのため、どの支払い方法だったら自分が使いやすいかというのをよく考えて支払い方法を決定する必要があります。

マイナポイントの注意点② 未成年、子供も対象だがやや複雑

スポンサーリンク

未成年、子供もマイナポイントの対象です。ただしその仕組みは少し複雑になっています。

まずマイナポイント の予約・申込は、15歳未満の未成年については法定代理人が行います。また、15歳以上の未成年は原則本人が行います。やむを得ない場合には法定代理人が本人同席のもと手続きを行えます。

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/faq/#userより

さらに、子どものマイナポイントを紐づける決済サービスは、本人名義のサービスに本人が申し込む必要がありますが、未成年者については、法定代理人のキャッシュレス決済サービスに紐づける事ができます。

わかりやすく言うと、子どものマイナポイントを親がもらう、という、全国で親子ゲンカの火種になりそうな仕組みですね・・・。

ちなみに、注意点として、一つの決済サービスには、一つのマイナポイントしか付与できないので、子どものマイナポイントは、親のマイナポイントの決済サービスとは別の決済サービスに紐づける必要があります。

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/faq/#userより

【追記】未成年が使えるキャッシュレス方法

発表されているマイナポイントの対象となる支払い方法が、未成年や子どもの利用に対応しているかどうかを調べました。

未成年が利用可能な支払い方法

  • FamiPay(会員が未成年の場合は、親権者などの法定代理人の同意を得た上でサービスを利用する必要があります)
  • LINE Pay(会員が未成年の場合は、親権者などの法定代理人の同意を得た上でサービスを利用する必要があります)
  • d払い(会員が未成年の場合は、親権者などの法定代理人の同意を得た上でサービスを利用する必要があります)
  • auPay(会員が未成年の場合は、親権者などの法定代理人の同意を得た上でサービスを利用する必要があります)
  • PayPay(会員が未成年の場合は、親権者などの法定代理人の同意を得た上でサービスを利用する必要があります)
  • 楽天Edy(会員が未成年の場合は、親権者などの法定代理人の同意を得た上でサービスを利用する必要があります)

15歳以上が自分で利用可能な支払い方法

  • nanaco(15歳未満は親権者の同意が必要ですが、15歳以上であれば親権者の同意は不要のようです)

注意点③ 予算上限に達したら予約できないかも!?

なんと、予算の上限に達したら、マイナポイント の予約を締め切る可能性があります。

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/faq/#userより

マイナポイントのまとめ

スポンサーリンク

マイナポイントの還元を受ける場合、まずマイナンバーカードの発行をしましょう。

マイナポイントの開始となる2020年9月が近づくと発行に時間がかかることが予想されます。

注 2020年2月時点の情報に基づいています。今後更新される可能性があります。最新の情報は公式サイトを参照下さい。

コメント

  1. […] […]

スポンサーリンク
スポンサーリンク